ソフトバンク乗り換えキャンペーン比較

ソフトバンクにMNP乗り換えする際のキャンペーン情報、乗り換えの手順などをわかりやすく解説します。 ショップ店員の態度に辟易、何件も回って情報収集するのは苦痛、という方の参考にしていただければ。
MENU

auからソフトバンクに乗り換える手順

スマホの月額料金を抑えたい場合、電話番号そのままで携帯電話会社(携帯キャリア)を乗り換える「MNP」乗り換えがお得です。

 

…といった話は耳にしたことがあるかも知れませんが、なにか難しそうだな〜、と思ってずっと同じキャリアで契約している人も少なくないことでしょう。

 

しかし、MNP乗り換えはやってみれば機種変と手間に大差はありません。
それでいて、非常に大きなメリットを得られることも多々あります。

 

そうしたわけで、この記事ではauからソフトバンクに乗り換えする手順について、どうしたらメリットが得られやすいのか、どこに注意したらいいのか、といった点を解説していきます。

 

 

auからソフトバンクへの乗り換えは簡単で、2年ごとにauとソフトバンクを乗り換え続けているユーザーも少なくありません。
この2社は料金の仕組みも似ているので使用感に変化が少なく、iPhoneなど同型のスマホを使うにしても、乗り換えをした方がはるかに出費を抑えられるからです。

 

 

解約することになるauのスマホでチェックしておく点は3つ。

 

契約更新月を確認すること
解約することになるauのスマホの機種代金
なるべく月末に乗り換えること

 

 

契約更新月の確認

現在利用しているスマホを購入してから24ヶ月が経過した次の月とその次の年、つまり契約月から25ヶ月目と26ヶ月目が「契約更新月」となり
その期間であれば解約しても違約金がかかりません。
(逆に言うと、その期間以外に解約すると9,500円の違約金がかかります。)

 

俗に言う「二年縛り」というものです。

 

(例外として、10年以上契約しているユーザー、または「年割」利用ユーザーは、解約金が3,000円となります。また、「スマイルハート割引」で契約しているユーザーは違約金がかかりません。)

 

 

解約することになるauのスマホの機種代金の残債をチェック

次に、スマホの機種代金のローンがまだ残っているかどうかをチェックします。

 

毎月通信料から割り引かれる「毎月割」は、解約すると当然受けられなくなります。
しかし、ローンの残りがある場合、(こちらも当然ながら)その請求は解約後もされることになります。

 

「毎月割」があれば機種代ローン代とほぼほぼ相殺できていたとしても、解約した場合「毎月割」がなくなるので、機種代支払いが重荷になることがあります。

 

24回払いの場合、25ヶ月目には機種代は払い終わっていることが多いですが、念の為チェックしておきましょう。

 

契約更新月や機種代金残債の確認方法

PCやスマホから「auお客様サポート」にアクセスして、「契約者情報照会」を見ると確認できます。

 

もちろん、auショップで確認することもできます。

 

なるべく月末に乗り換える

昔は、auは解約月の料金が日割り計算だったのですが、現在は1日でも使うとその月の使用料を請求されますので、注意してください。

 

一方、ソフトバンクの利用料金は20日締めなので、21日〜月末日までの間に乗り換えを完了させるのがベストです。

 

 

電話帳のコピー

iPhoneは「Apple ID」、Androidなら「Googleアカウント」でバックアップしておけば、最新スマホでログインするだけで移行できます。

 

「Zeetle」や「J’sバックアップ」といったアプリで電話帳移行することもできます。

 

「ezweb」のキャリアメールアドレスは使えなくなるため、Gmailアカウントなどを作っておき、SNSなどのメールアドレスをGmailに変えておきましょう。

 

写真データも、「Googleフォト」や「Google Drive」、「One Drive」など、無料のクラウドストレージアプリで一度クラウド上にアップしておくのがオススメです。
(データ通信量がかかるので、Wi-Fi環境のある場所で行いましょう)

 

Androidスマホであれば、microSDカードに保存しておくのでも構いません。

 

 

LINEのデータは?

LINEも登録メールドレスをGmailなどに変更しておけば、新しいスマホでログインすることで、お友だちや購入済スタンプなどそのまま引き継いで使えます。
ただし、トーク履歴は消えてしまうので、重要な情報は保存しておきましょう。

 

 

auウォレットポイントが残っている場合

auウォレットポイントは、解約前に商品と交換して使い切ってしまうのがおすすめです。

 

 

MNP予約番号の取得

MNP乗り換えには「MNP予約番号」というものが必要になります。

 

無料で発行でき、有効期間は15日間。ただし、発行したからといって乗り換えなければいけないわけではないですし、期限切れになってもまた無料で取得し直すことも何度でもできます。

 

auショップか、電話のMNP予約受付窓口で取得することができます。

 

問い合わせの際に「4桁の暗証番号」が必要になります。

 

MNP予約番号受付 0077-75470(無料) 受付時間 9:00〜20:00
「MNP予約番号を発行して欲しい」と伝えれば、予約番号を教えてくれます。

 

 

ソフトバンクの契約に必要な書類

ソフトバンクの契約の際に必要な書類は「本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、保険証など)」と、クレジットカードか銀行口座(支払いに使う口座)が必要です。

 

 

以上のことを抑えておけば、スムーズにauからソフトバンクに乗り換えられるはずです。

 

 

条件がよく、信頼できるショップで乗り換えて、スマホの月額料金を賢く抑えましょう!

このページの先頭へ