ソフトバンク乗り換えキャンペーン比較

ソフトバンクにMNP乗り換えする際のキャンペーン情報、乗り換えの手順などをわかりやすく解説します。 ショップ店員の態度に辟易、何件も回って情報収集するのは苦痛、という方の参考にしていただければ。
MENU

【極秘】ソフトバンク乗り換えキャンペーンを活用する裏技とは…!

乗り換えキャッシュバックや一括0円キャンペーンの賢い使い方

 

乗り換えキャッシュバックや一括0円など、ソフトバンクの代理店が行なっている乗り換え促進キャンペーンを活用することで、スマホの月々の料金を抑えることが可能です。

 

……といっても実は、ソフトバンクの料金は3キャリアの中でも高めなので(ドコモが安い)、30,000円〜40,000円キャッシュバックが付いてようやく同レベル、だったりします。

 

「え、じゃあわざわざ乗り換えるメリットないじゃん!」

 

とお思いかも知れませんが、実はある裏技を使うことで、他2キャリアよりもかなり安くすることができるんです。

 

では、具体例を上げながら解説していきますよ。

 

 

iPhone月額どのくらい安くなるの?実例を上げて検証!

 

ではここではサンプルとして

 

iPhone XS 256GBをガッツリ使うプラン(データ通信20GBまで)
と、
iPhone 8 64GBをミニマムに使うプラン

 

 

の2種類で3キャリアの料金を比較し、検証していきたます。

※プランは、2年契約、機種代24ヶ月払い、5分通話かけ放題、Web使用で計算
※ドコモで機種変、auで機種変、キャッシュバックもらってソフトバンクに乗り換えの3パターンで月額を算出
※下取り割は機種によって価格が変わるため、計算に入れていません。ガラケーで月々 200円、Phone7で1,000円、iPhone8で1,000〜1,500円程度の割引が付けられます

 

内訳も下に載せますが、まずは結果から。

 

iPhone XS 256GB データ20GB 月額試算

ドコモ au ソフトバンク
1年目

12,433円

12,060円

12,748円

1年目

13,140円

13,828円

※ソフトバンク乗り換えは30,000円キャッシュバックを想定
※キャッシュバックは24分割して月額軽減に使用

 

このように、キャッシュバック30,000円もらって乗り換えてもソフトバンクの方が高いですね。

 

では次

 

iPhone 8 64GB データ1GB 月額試算

ドコモ au ソフトバンク
1年目

6,102円

6,038円

5,608円

1年目

7,118円

6,688円

※ソフトバンク乗り換えは42,000円キャッシュバックを想定
※キャッシュバックは24分割して月額軽減に使用

 

こちらはまずまず拮抗してきましたが、それでもドコモの方がわずかに安いですね。

 

これではわざわざMNPの手間をかけて乗り換えする気になりませんね。

 

 

これではソフトバンクに乗り換えても美味しくない? ところが…

 

もちろん、XSでもキャッシュバックが50,000〜60,000円付くキャンペーンが開催されることもありますので、(8であればたびたびあります)
そういうチャンスを使えば話はまた変わるのですが、もっと確実に月額を安くする方法があるんです……。

 

そのためにお薦めなのは、オンライン代理店を使った乗り換えです。

 

 

 

 

iPhone XS 256GB データ使用量20GBの試算内訳

 

ドコモで機種変更した場合の月額目安

機種代

6,129円

通信料

9,720円

月々サポート

-2,457円

合計

12,433円

 

auで機種変更した場合の月額目安

機種代

6,120円

通信料

7,020円

スマホ応援割(1年)

-1,000円

合計(1年目)

12,060円

合計(2年目)

13,140円

 

ソフトバンクに乗り換えた場合
(キャッシュバック48,000円)

機種代

6,460円

通信料

8,618円

1年おトク割

-1,080円(1年)

キャッシュバック

-2,000円

合計(1年目)

11,998円

合計(2年目)

13,078円

 

 

iPhone 8 64GB データ使用量1GBの試算内訳

 

ドコモで機種変更した場合の月額目安

機種代

3,699円

通信料

5,292円

月々サポート

-2,889円

合計

6,102円

 

auで機種変更した場合の月額目安

機種代

3,810円

通信料

3,758円

iPhoneおトク割

-450円

スマホ応援割(1年)

-1,080円

合計(1年目)

6,038円

合計(2年目)

7,118円

 

ソフトバンクに乗り換えた場合
(キャッシュバック42,000円)

機種代

3,600円

通信料

4,838円

1年おトク割

-1,080円(1年)

キャッシュバック

-1,750円

合計(1年目)

5,608円

合計(2年目)

6,688円

 

ソフトバンクに乗り換えをするなら、代理店で

ソフトバンクに限りませんが、携帯を乗り換えるには直営店か代理店のどちらかから選ぶことになります。

 

ソフトバンクに乗り換えをするなら、代理店で行うことを強くおすすめします。

 

乗り換えキャンペーンでよく行われている、乗り換えキャッシュバックやiPhone一括0円といった施策。

 

これらは基本的に直営店では行っておらず、代理店が独自に行なっている……という形になっています。
(実際にはソフトバンクから指示があるのではないか、という報道もあります)

 

そのため、こうした特典を受けるには代理店での契約を行うしかないのです。

 

直営店と代理店の違い

直営店というのは、ソフトバンクオンラインショップとソフトバンクが直接経営しているソフトバンクショップのことです。

 

直営のソフトバンクショップは全体の1割しかなく、街なかにあるソフトバンクショップも多くは代理店です。

 

 

直営店でも代理店でも毎月の料金と初期費用は同じで、サポートも同様に受けられますので、正直なところ直営店で契約するメリットは特にありません。

 

しいて言えば、iPhoneの新モデルなどを発売日に必ず手にしたい場合に、Appleストアや直営店での予約を使うかも知れません。

 

 

代理店では乗り換え機種一括0円や機種代割引き、現金キャッシュバックが付くなど、様々な乗り換え特典があります。

 

それを加味して考えると全体の支払い代金が大きく変わります。

 

このページでは、代理店が行っている乗り換えキャンペーン情報を紹介していきます。

 

 

 

 

代理店の種類-高額キャッシュバックを狙うならココ!

代理店にも種類があり、ソフトバンクショップと家電量販店とショッピングモールのブースとインターネットのキャンペーンサイトがあります。

 

人件費やテナント代が抑えられるため、インターネットのキャンペーンサイトが最も高額のキャッシュバックが出やすい傾向にあります。

 

おとくケータイ.net

 

他社徹底対抗で大幅増額で、ソフトバンクに2018年2月28日までに乗り換えると高額特典バックしてもらえます。

 

お店で乗り換えを行うと、その場でもらえて帰りにはお得です。来店から対応まで待ち時間が0分で、最短で30分で手続きが完了します。

 

面倒であるスマホのデータの移行も、完全にサポートしてもらえます。

 

専門知識を持っているスタッフが行ってくれるため、素人でも安心してお任せ出来ます。

 

問い合わせから納品までの流れは、商品説明と申し込みの作成を行いソフトバンクで登録作業を行います。

 

基本的に予約制になっているため、来店をする前に電話で予約をしてから来店をします。

 

予約の電話をしないで来店をすると、他のお客様の状況によっては待たされる場合があります。

 

登録が完了すると携帯の乗り換えが完了で、在庫がなくても3日以内に手元に届けてもらえます。

 

人気機種でなければ、その場で携帯本体をもらえるため納品までが完了します。

 

 

抑えておきたいキャンペーン情報

特定のソフトバンクショップだけで行っているキャンペーンもあります。

 

Pokemongoコミュニティ・ディ応援道具プレゼントキャンペーンは、androidユーザーであれば他社のユーザーでも先着1万名様に来店をしてアンケートに答えるとPokemongoで使える道具をもらえます。

 

内容はモンスターボール60個としあわせタマゴ2個と、げんきのかたまり2個とルアーモジュール1個です。

 

しかし店舗が全国ではなくて、長崎県と大分県と宮崎県のソフトバンクかワイモバイルショップのみが対象であるため3県に住んでいる人は店舗に行くのがおすすめです。

 

プロモーションコードの配布期間は2018年2月24日までで、使用期間は2018年2月28日からです。

 

 

はじめようGooglePLAYMusicキャンペーンは、ソフトバンクなら90日間無料で4千万曲以上が聞き放題です。

 

音楽を聴くのが趣味の人は、ソフトバンクに乗り換えて好きな音楽を沢山聴けます。
スマホでもタブレットでもパソコンでもどのデバイスからでも、音楽を楽しめます。

このページの先頭へ